お家の外壁・ひびわれ気になっていませんか?
本庄市で外壁塗装を行います
三ツ星ハウジング株式会社

なぜ外壁塗装が必要なのか?

外壁を塗装することは非常に重要であると耳にしたことがある方は少なくないでしょう。しかしなぜ重要であるのかその理由を知っている方は限られます。実際、外壁塗装の必要性においてお客様から、ご質問を頂くことも多いのです。日常生活において、多くの方はあまり意識しない外壁塗装について、それを行う必要性を今回はご紹介いたします。

 

1585809304169
必要性

 

 

外壁は常に雨風や紫外線などに晒されているため、劣化が徐々に進みます。しかし、表面に塗装を施し、劣化の原因となるものが直接建材へ当たらないよう守れば進行を遅くすることが可能です。頻繁に工事を行って外壁を取り替えることは現実的でないため、塗装によって劣化を少しでも遅らせることが住宅に求められます。

 

そして、建物の隙間を少しでも埋めることも外壁塗装を行うべき理由の一つです。外壁が劣化して、ひびわれや、剥がれなどが起こるとそこから雨水が内部に入り、土台や柱を腐らせてしまうことがあります。屋根雨漏りした場合には天井に染みができるため発見しやすいですが、外壁は住宅の中から見つけることは難しく、気づいたときには広範囲に広がってしまっていることも。また外壁の隙間はシロアリの侵入経路ともなるため、ひびわれや剥がれは早めの対策を取っておく必要があります。

美観

 

 

 

素地がむき出しの状態よりも丁寧に塗装された外壁の方が美しいですね。木材の場合、表面に何も塗らないでおくと雨風に晒されて、色があせ、さらにひびわれも発生しやすくなってしまいます。

外壁は住宅の中でも非常に多くの面積を占めており、家の近くを歩く人々の目にも映りやすいです。そのような箇所が荒れていた場合、抱く印象もあまり良いものでなくなってしまうでしょう。機能面だけでなく美しく明るい住宅にしませんか?

この症状が出てきたら塗り替えを

どのような症状が出てきたら外壁を塗り替えるべきでしょうか?タイミングの指標となる症状はいくつか挙げられます。たとえば、外壁に苔が生えていたらすぐに施工する必要があります。苔の発生は壁が持つ防水性が落ちている証拠であり、そのまま放置しておけば劣化がどんどんと進行します。またチョーキングという症状も外壁が劣化した際によくみられるものです。チョーキングとはその名の通り塗装が雨風または紫外線などによって劣化し、チョークの粉のようなものが表面に発生する症状のことです。この状態になった外壁は触ると指に粉が付いて白くなるためわかりやすいです。これらのほかにもシーリングのひび割れ、または遠目からでも目立つほどに色が落ちているなどどいったサインが挙げられます。

塗料はおおよその寿命が決まっているため、耐用年数に応じて塗り替えを行うこともおすすめです。たとえばウレタン製の塗料は廉価であるものの耐用年数が短く5年から7年の周期で塗り替えなくてはなりません。しかし耐用年数が長いとはいっても劣化は日々進んでいるため、ギリギリまで待つのではなく5年ほどの周期で塗り替えを行うことが求められます。

塗料の中には遮熱効果をはじめとしたさまざまな利点をもつものもあり、それらを施せば外壁の保護だけでなく光熱費の削減も期待できます。ライフスタイルや住宅へ求めるものなどによってどの塗料を使用するべきかは異なります。もし外壁塗装について悩まれてるのであればしっかりと知識を持っているプロの工務店に相談をもちかけると良いでしょう。

 

 

DSC_2228

 

三ツ星ペイント ホームページ開設しました!↓

施工事例も多数掲載!

ぜひごらんくださいsmiley

 

 

Gallery

ご依頼の検討材料にしていただけます

価格や書面でのプランではわかりにくい内容をインターネット上にギャラリーとして公開しております。具体的な施工例を画像を交えて見ながら検討していただけます。いくつかの案件についてはご相談、ご登録前にご覧いただくこともできます。

お気軽にお電話でご連絡ください
0120-72-0084 0120-72-0084
10:00~19:00
Access

お電話や専用フォームからご依頼をいただいたらご自宅までお話を聞きに伺います

概要

店舗名 三ツ星ハウジング株式会社
住所 埼玉県 児玉郡上里町 七本木 3652-2
電話番号 0120-72-0084
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日
最寄り 上里町・本庄市・神川町・美里町・深谷市(旧岡部町)・寄居町・藤岡市・高崎市(旧新町)・伊勢崎市・玉村町エリア

アクセス

大切なお家をより住みやすい環境にするために、リフォームをお願いする会社は慎重に選びたいところです。お客様にご信頼いただいて快適な生活をお届けするために、ご要望を一つひとつしっかりとお伺いしながら最適なプランをご提案いたします。

知っておきたい塗料の耐久性・特徴

屋根や外壁の塗り替えは家の寿命を左右する大切なリフォームのひとつです。しかし、いざ塗り替えるとなると、どの塗料を選んでいいのか迷っていまいますね。塗料の耐久性や特徴を知っておくと選びやすくなります。

使われる樹脂により耐久性が異なります

塗料には主に顔料・添加剤・合成樹脂からできています。中でも合成樹脂は塗料の耐久性を決める最も重要なもの。その合成樹脂は大きく5つの種類に分けられます。耐久性の低いものから「アクリル」「ウレタン」「シリコン」「フッ素」「無機系」です。一般的に耐久性が高くなるほど価格も上がります。

 

昔は良く使われていたアクリル塗料

アクリル塗料は30年ほど前まで主流で使われていた塗料です。価格が安いメリットはありますが、耐久性が低いため最近ではほとんど使われなくなっています。数年ごとに塗り替える住宅には使用するケースもあります。

 

部分的な使用が多いウレタン塗料

外壁や屋根ではあまり使われなくなったウレタン塗料。紫外線や湿度に弱く汚れやすいといった欠点があります。しかし塗膜が柔らかくひび割れしにくいといった利点もあります。そのため木部や雨どいなどの付帯部の塗料に使用されています。

 

一番多く使われているシリコン塗料

現在最も普及しているのがシリコン塗料です。価格と性能のバランスがよく、耐久性が高く、戸建て住宅の塗り替えの7~8割を占めています。汚れやひび割れに強く、防カビ性、防藻性にも優れています。

 

耐久性が最も高いフッ素塗料

フッ素塗料は、有名な建築物や高層ビルにも使われているほど耐久性がとても高い塗料です。防カビ性・防藻性もちろん外壁などの素材に強く密着する性質を持ち、太陽光や紫外線などの熱から住宅を守ります。価格が高いため一般住宅ではあまり普及していませんが、塗り替えの回数をできるだけ少なくしたい場合にはお勧めの塗料といえるでしょう。

 

長期にわたり美装性を維持できる無機系塗料

無機系塗料とは、有機樹脂(アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素など人工的につくられた樹脂)がメインではなく鉱物(セラミック・ガラス・タイルなど)を主成分としている塗料のことをいいます。主成分である無機成分は紫外線に強いため変色しにくく、親水性が非常に高く汚れが表面に付着しても雨などで洗い流す事ができます。撥水性も高いのでクリーンな外壁を20年以上維持できる優秀な塗料です。しかし、無機系塗料は堅い塗膜となりますのでひび割れしやすい傾向にあることと、価格が高いといったデメリットがあります。

 

 

 

 

DSC_0012
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事